とりあえず書いて残す

日記帳というより落書き帳

夜刀うららの勇気 その4

クライシスアーク環境が混沌としている。

PEX、アークゼクス導入により、ヴェスパローゼ、ネイが猛威をふるい、サンダルフォン関係のデッキが復権した。

まさか弟切草サンダルフォンより強いサンダルフォンデッキが出てくると思わなかった。。。

 

・・・・・

 

ここ最近のCS入賞結果や、note等の記事を読んでアスツァールの構築を新しくしたのでまとめておく。

レシピは以下のとおり。

f:id:kotsukitan:20220515211144j:image

 

構築の特徴を以下に簡単にまとめてみる。

 

■メイン枠

≪風に乗りて跳ぶもの イタァカ≫、≪地を穿つ業苦ニョグサ≫の採用

≪超越者【尊大】アスツァール≫の非採用

 

■エクストラ枠

≪栄華を侵す王冠ノルデン≫の複数採用、≪束縛される求愛エルシェルト≫の採用

アルターブレイク関連カードの非採用

 

他は割と似たようなところかなと思う。

 

・・・・・

 

今環境のおさらい。

IGOB環境であった、「後攻プレイヤーが先に誓う」というようなことは無くなった。

順当にゲームが進行した場合、先攻が先にリソース6に到達しスタートリソースの効果が使える。

つまり先攻有利の環境だと考えられ、ESを使ったリソブを取り入れられる黒や、元々リソブ手段が豊富な緑のデッキが有利な印象を持った。

 

では、アスツァールデッキはどうだろうか。

幸いク・リトには優秀なリソブ札の選択肢があり、2ターン目に≪夢から誘う恋風アスツァール≫、≪地を穿つ業苦ニョグサ≫を出してリソブした場合、3ターン目にリソース6=スタートリソース効果発動可の状態に持って行くことができる。

これは、順当にゲームが進行した場合より1ターン早く動きはじめることができることも意味している。

 

また、アークゼクスである≪混沌の支配者アスツァール≫は、強力な展開能力を備えている。

他にも≪ユニバース・プリンセス≫をはじめとした展開札もあることから、デッキの構築は3ターン目に複数のシフト展開+スクエア8面埋めを前提とする。

8面埋めすればゲームに勝つわけではないが、相手に強力な負荷をかけることで盤面にゼクスを残し、次ターン≪秘密に溺れる理想郷ガタルーニア≫を絡めゲームエンドに持ちこむのが最終目標(ゲームプラン)。

 

・・・・・

 

採用カード等についてざっくりまとめる。

 

基準としては、リソブ前提のゲーム展開を想定し、序盤の展開に強いカード、また8面埋めに貢献するカードを厚く採用し、相手のリソース枚数に依存するアルターブレイク関係や≪華麗なトリックスター アスツァール≫を非採用とした。

 

■採用したカード(抜粋)

≪地に穿つ業苦ニョグサ≫

≪夢から誘う恋風アスツァール≫のみ採用している構築が多く見受けられるが、自分は3ターン目の≪混沌の支配者アスツァール≫(+≪ユニバース・プリンセス≫)の展開が特に強いと感じたため、追加のリソブ札として採用した。

アスツァール非名称、パワー5000と気になる点はあるが、リソースのカードをトラッシュに落として再利用できる強みもある。

ただし、リソブ札以上の仕事はできず手札で嵩張るとゲームが終わるため3枚。

 

≪風に乗りて跳ぶもの イタァカ≫

登場時、無条件にお互いに1捨て2ドロー。序盤の展開が重要になるこのデッキでは貴重なドローソースになる。他アイコンと合わせて、デッキを掘れるアイコンが16枚となったことで、お祈りIGからキーカードを引き込みやすくなった。はず。

捨ててからドローのため、基本的には≪慎ましき北風 イタァカ≫の方が強い。ただしあちらはリソース要求があるので一概には言えないが…。

相手のデッキを掘ってしまうデメリットは、相手次第ではリフレッシュダメージ要求が期待できる面では悪くないような気もする。

 

■非採用としたカード(抜粋)

≪超越者【尊大】アスツァール≫

採用する場合はバリューをあげるために≪饗宴に列するもの アスツァール≫や、≪コズミックイースター アスツァール≫のようなカードを合わせて採用する必要がある。ただ入れるだけだと3コストを2体出すだけのカードになってしまうのがネック。

アルターシフトやリリースイベントもブレイクが抜けたためバリューが下がり順当に非採用。

 

≪華麗なトリックスター アスツァール≫

IGやライフから出ればもちろん強いが、プレイ指定のため、3コストを払って出す余裕がない。序盤はまったく仕事できず、かつ手札に来るとリソースに置きがちなカードなため見送り。

 

・・・・・

 

ゲームプランは以下のとおり。

簡単に書きすぎだけれど、実際はめちゃくちゃ難しい。配置とシフトで無限にプレミする。

 

キープ基準:3コストアイコン+リソブ札

※マリガン後にリソブ札が無くても諦めない。ドローアイコンが16枚あるので、通常ドロー含め引ける可能性は大いにある。

 

1ターン目:アイコン手出し

※カードをトラッシュに落とせる場合はなるべく落としておく。次ターンのシフトエルシェルトでチャージ増の選択肢につながる

 

2ターン目:リソブ札、シフト

※スタカで殴ることでキー獲得できる場合あり

※シフトの選択は、トラッシュにカードあればエルシェルト、なければイタァカ

恋風でユニプリがめくれようがルーラーがめくれようがリソブで一貫する。プレイがぶれてしまうと構築上負ける

 

3ターン目:スタリソ→PEX化、アーク、ユニプリ

PEX+アークで3コスト、ユニプリで2コスト、1コスト残しで星の世界構えを誘うのが理想、もちろん8面埋め

※貯めたチャージを元にIG、生き物が出た場合はスタカと組んでノルデンを降臨させる

※トラッシュ要件は常夏のみ、狡知が落ちていればユニプリの最大出力も見込めるが狙いすぎない

※基本的に相手周り(1.3.4.5.6のスクエア)をパワーライン高めに、自分周り(7.8.9のスクエア)に低いカードを配置するようにすると相手への負荷が高い。特に4.6スクエアのゼクスにシフトを載せると生き残った場合にルーニでレンジ付与できる

相手のデッキ次第だが、基本的にここで3パンしておくのが良い

 

4ターン目:アーク、ユニプリ、ルーニ

※実質的なフィニッシュターン。ルーニ絡めてな6パンを目指す。基本的に3コスト以下でPS殴ることはないため、相手のイデアドライブは無効

 

・・・・・

 

現状のまとめ。また変化あるかも。

夜刀うららの勇気 その3

脳内でのアークアスツァールのデッキがある程度方向性がまとまったのでメモ。

まずデッキレシピから。まだ実物がないのでテキストで。

 

・・・・・

 

★Z/X デッキ:無単 アークアスツァール
PLAYER:夜刀うらら
PLAYEREX:夜刀うららEX

 

★IGNITION … 20
4 悍ましき北風イタァカ
4 色彩を穢すアスツァール
4 哀願を憐れむアスツァール
4 華麗なトリックスター アスツァール VB
4 アルターフラジール アスツァール LR

 

★Z/X … 1+1+23
1 忘却を笑う墓標ゴルゴース ST
1 アスツァール&うらら 異海の姉妹 SR
3 カオス・サマー ニャルラト
4 超越者【尊大】アスツァール
4 夢から誘う恋風アスツァール
2 秘密に溺れる理想郷ガタルーニア
3 魔性を覗かせる常夏アスツァール
3 星空を弄ぶ狡知アスツァール
4 混沌の支配者アスツァール

 

★EVENT … 1+4
1 開け、星辰の門 GT
4 ユニバース・プリンセス

 

★Z/X EXTRA … 16
1 【顕誓『炸裂愛好』】ニャルラト
1 【顕誓『幻世傾奇』】ニャルラト
1 【顕誓『告死遊戯』】ヨグ・ソティス
1 【顕誓『波濤万世』】シュブニ・グ
1 【顕誓『楽宴創造』】シュブニ・グ
1 【薄恋天臨】アスツァール
1 【剣誓『世界』】うらら
1 彼方のアルバイター イタァカ
1 月夜に語る狂歌ムービス
1 プリンセス ク・リト
1 栄華を侵す王冠ノルデン
1 星辰のイデア アスツァール
2 打ち砕け、その純情
2 ユニバース・プリミティブ

 

・・・・・

 

アスツァールのデッキは、ブレイクを得たことで後攻の展開が強くなったものの、先攻リソブによる展開を無くしたため、先攻3ターン目の展開が≪プリンセス ク・リト≫のみと、若干弱いのが気になっていた。

クライシスアーク環境では、PEXによる実質ライフ5点となり、既存の展開では先攻が弱くなると感じた。

そのため、先攻と後攻で展開プランが変わる形の構築を目指すことにした。

以下は理想的な展開ルート。後攻については選択肢が多くなるため、強い展開方法をそれぞれまとめた。

 

・・・・・

 

★先攻ルート
1T
3コスト

 

2T
恋風→リソブ
恋風にイタァカシフト
※殴ってキー獲得が理想

 

3T
1コストでPEX
2コストでルーラー→キー獲得
ルーラーに○○シフト
ルーラー効果
写し身a→イタァカシフト
写し身b→○○シフトオープン
2コストでユニバース→狡知
狡知効果→○○シフト+落とし仔×2
落とし仔→常夏に変換→キー獲得

ルーラー+写し身×2+狡知+常夏+落とし仔
6面展開+1リソ起こし+エクストラ権残
IGせずルーラーに世界シフトした場合8面展開
※トラッシュ要求が狡知(+常夏)のみ
※常夏無くてもキー4要求のため展開可

※残った1コストでカオス・サマー→理想郷できると、シフト3体乗っているため6パン可

 

★後攻ルート
1T
3コスト

 

2T
3コスト→アルターシフト
1コストでPEX

 

3T-a
フラジール→ブレイクに告死遊戯シフト
ブレイク→3コスト×2
ブレイクをゴルゴースで割る→リソブ
ゴルゴース→落とし仔
落とし仔→常夏に変換→キー獲得
2コストでルーラー→キー獲得
ルーラー効果
写し身a→告死遊戯シフト
写し身b→○○シフトオープン
写し身c→○○シフト

3コスト×2+常夏+ルーラー+写し身×3
7面展開
※世界シフトした場合8面展開
※IG乗った場合は別のシフトでも展開可

 

3T-b
フラジール→ブレイクに告死遊戯シフト
ブレイク→3コスト×2
ブレイクをゴルゴースで割る→リソブ
ゴルゴース→落とし仔
落とし仔→常夏に変換→キー獲得
2コストでユニバース→狡知
狡知効果→告死遊戯シフト+落とし仔×2

3コスト×2+常夏+狡知+落とし仔×2
6面展開

 

3T-c
VB→写し身に告死遊戯シフト
写し身をゴルゴースで割る→リソブ
ゴルゴース→落とし仔
落とし仔→常夏に変換→キー獲得
2コストでルーラー→キー獲得
ルーラー効果
写し身a→告死遊戯シフト
写し身b→シフトオープン
写し身c→○○シフト

VB+ルーラー+写し身×3+常夏
6面展開+エクストラ権残
※トラッシュ要求が常夏のみ

 

3T-d
VB→写し身に告死遊戯シフト
写し身をゴルゴースで割る→リソブ
ゴルゴース→落とし仔
2コストでユニバース→狡知
狡知効果→告死遊戯シフト+落とし仔×2
落とし仔→常夏に変換→キー獲得

VB+狡知+常夏+落とし仔×2
5面展開+エクストラ権残
※トラッシュ要求が常夏のみ

 

・・・・・

 

≪饗宴に列するもの アスツァール≫や≪闇に潜む凶刃 アスツァール≫は強力なカードだが、ブレイクに割と依存しているカードであり、枠も要求するため、今回は全て抜いてみた。

発売後に回してみる中で、少しずつ調整していきたい。

夜刀うららの勇気 その2

新規アスツァールが公開されたよ。

 

f:id:kotsukitan:20220411201734j:image

 

f:id:kotsukitan:20220411201744j:image

 

クライシスアークの新規カードは、

≪混沌の支配者 アスツァール≫

≪華麗なトリックスター アスツァール≫

≪アスツァール&うらら 異海の姉妹≫

≪混沌の写し身≫

の4種類。

 

順番に乾燥を述べていく。

 

≪混沌の支配者 アスツァール≫

プレイ時キー2獲得。

キー2消費で写し身トークン生成+シフトオープンまたはトークンにシフト。自ターン3回まで。

スタートリソースから出す専用カードといった立ち位置。

他の場所から出すことはほぼないため、扱いとしては≪超越者≫みたいなもの。

効果は非常に強力で、シフトを複数枚乗せられるク・リトの強みをよく表している。

≪理想郷ガタルーニア≫を使ってレンジ付与もいいと思うが、枠がない+踏み倒し手段が少ないため、普通に面を固める使い方になりそう。

キーを消費するので、闇雲に使うと≪コズミックイースター≫や≪超越者≫に影響するので慎重に。

自ターン3回も打つ機会はないと思うけど…あるに越したことはない。

 

≪華麗なトリックスター アスツァール≫

3コストVB

プレイ時手札1枚切って写し身トークン生成。

5コスバニラを生やす3コストと考えると能力は破格。相手のリソ5以上の要件があるため、先攻ブンブンが出来ないのはよくできている。

後攻時の後3でVBプレイ→写し身に告死遊戯シフトからのゴルゴースで先に≪支配者≫を立たせることも出来る。

その場合キーが4になり、≪支配者≫の効果でさらに2面用意出来るのはなかなかに強い盤面だと思う。

破壊したシフトにも乗り直せるし。

 

≪アスツァール&うらら 異海の姉妹≫

スタートリソース。

ク・リトデッキは≪北風イタァカ≫や≪ユニバース≫のようなリソース要求するカードが軸として採用される関係で、こういったギミック自体がとても相性が良い。

≪支配者≫が複数枚出すようなカードではないので、このカードは1枚のみの採用で良いと思う。

 

≪混沌の写し身≫

≪落とし仔≫のデカくなって乗せられるシフトが増えたトークン。

≪落とし仔≫は関連シナジーを持つカードが多かったけれど、このカードはそういったものがないので、コスト5以上という点で組み立てていく必要がいる。

ただ、パワー8000は強い。コスト5以上ということで、各種上位ク・リトのシフトを乗せられるし、≪饗宴≫で自壊させることもできる。

 

・・・・・

 

総じて面白いカード。

アスツァールとしては構築の選択肢がかなり広く、従来のIGOB型やブレイク型とも違う新しい型になるような気がする。

どれが強いかと言われると難しいが、アークのカードパワーはもれなく高いので、とりあえず組んでみての判断になりそう。

 

新弾が待ち遠しすぎる…!

 

夜刀うららの追加 その2

ゼクスターズ・クロニクルに収録される夜刀うらら(アスツァール)の新規が公開されたので、思ったことをつらつらメモしていく。

 

f:id:kotsukitan:20220213213102j:image

ちなみに新規カードはこれ。

≪闇に潜む凶刃 アスツァール≫、略称は凶刃でよさそう。

4コス6000で登場時自軍エリアにトークン生成。起動自ターン2でリブートトークン破壊してデッキトップ4枚から無色カード1枚サーチ。

 

効果ざっと見た感じはパワーカード感ある。

登場時のトークン生成が踏み倒しでも発動するので、ブレイクや絶対服従命令で蘇生しても効果が出る。

また起動サーチも使う使わないの選択肢があるのが良い。掘る枚数も4枚と広く、ユニバースも拾えるのが良い。

一度トークン生成を挟むお陰で、エンド時の鍵獲得条件を満たすのも噛み合っている。

 

雑な展開パターンとしては、ブレイクパンチ(シフト告死遊戯)からブレイク効果で饗宴+凶刃、饗宴効果でブレイクを割ってリソブ、凶刃効果でトークン生成、空いた面にトークン破壊して常夏…これで簡単に4パンが狙える。

常夏を蘇生しなくても、凶刃でトークン破壊してユニバースを探しにいって、ユニバースからイースターで更に追撃するのもあり。

 

先攻2ターン目に効果でユニバースを探しに行ったり、後攻2ターン目は面埋めしながらアルターシフト乗ったり出来るので、序盤の立ち上がりに使えるカード。

 

問題は枠。あとクライシスアーク環境で更にカードプールが追加された後どうなるかが気になるところ。。。

夜刀うららの勇気 その1

新システムが発表されました。

とりあえずスクショから。

 

f:id:kotsukitan:20220208210907p:image

 

f:id:kotsukitan:20220208210923p:image

 

f:id:kotsukitan:20220208211241p:image

 

f:id:kotsukitan:20220208210938j:image

 

IGOBとの選択肢が出来たことと、プレイヤーに効果がついたのが特徴かなー。

プレイヤーエクストラはダメージを受けると出てきて絶会付与やらライフ耐え効果やら持ってるし、スタートリソースは効果盛り盛りなのに初期リソに入ってくれるしすごい親切設計だ…。

 

…夜刀うららちゃんは??

 

f:id:kotsukitan:20220208213715j:image

 

次弾新システム追加組でした。嬉しい。

多色の影響はなかったけど、それでも新システムがある恩恵は大きいかな…。

 

プレイヤーエクストラ:2ターン目の3コスト+1コストでEX化できて、3ターン目の≪プリンセスク・リト≫や≪超越者【尊大】アスツァール≫に絶会付与できる。IGOBとの選択になるが、ここ最近はIGOBレスが主流だったこともあり影響なく組み込める。

アークゼクス:効果が想像つかないけれど、≪ユニバース・プリンセス≫等で蘇生が出来たり踏み倒しもあることから使い勝手良さそう。

スタートリソース:≪慎ましき北風イタァカ≫や≪絶対服従命令アスツァール≫、≪ユニバース・プリンセス≫等の条件が緩和。特にリソースに≪ユニバース・プリンセス≫が落ちにくくなった点がかなり恩恵ある。

 

ざっくりまとめただけでも、かなり強化されてきたなーと感じる。

ゼクスターズ・クロニクルの新規も見えていないのに、新規が迫りすぎて我慢できない…!

 

f:id:kotsukitan:20220208214422j:image

 

ここでまさかの≪空魂乱墜≫が封神指定。理由は公式の声明を見てほしい。

新システムのスタートリソースの関係で簡単に鑑賞できるこのカードは公式からアウトを食らった模様。

エラッタする形で早めに返してほしい。

 

・・・・・

 

いずれにしても、新規めちゃくちゃ楽しみ!アスツァールでまだまだ遊べそうなのがとても嬉しい。(先日ほぼフルホロにしたため)

 

あと、EXターン獲得シフトは買わなくて良くなりました。南無。

夜刀うららの無限 その2

記事更新間隔が空くのはいつものこと。

遅くなりましたが新年あけましておめでとうございました。

今年の目標は10回Z/Xすることです。

 

・・・・・

 

とりあえず、現在の夜刀うららデッキはこちら。

 

f:id:kotsukitan:20220204162302j:image

 

ここ最近流行ってきているIGOBレスのアスツァール。

IGOBは相手依存な部分もあるのと、自分から誓いに行く時もリソ8条件がなかなかに渋いのでいっそのことレスに。

リソースのアスツァール縛りがなくなったことで、構築に多少の自由度ができた。

 

IGOBがなくなったことで、VBも全抜き。

アイコンはドローできる3種12枚に、≪絶対服従≫とLRで4×5の20枚。

 

メインは≪饗宴≫、≪イースター≫、≪狡知≫、≪超越者≫、≪ユニバース≫が4積み、≪常夏≫、≪解放≫が3積み、≪巡ナーチャ≫が2積み。

 

≪饗宴≫は≪イースター≫に続く連パンカード。2コスで小回りが効きやすく、≪絶対服従≫や≪超越者≫で蘇生して面を開けることができる。2枚までトラッシュを肥やす効果も公開領域が増えるため使いやすい。

 

≪解放≫は4積みも選択肢にはなるが、≪イタァカ≫や≪絶対服従≫はリソースにク・リトを要求することから削った。現状手札で嵩張っても嬉しくないカードなので、≪薄恋天臨≫もあるし欲しい時は引きにいけると判断。

 

≪巡ナーチャ≫は自由枠。その他の選択肢は≪トウチ=ト≫、≪暗黒シエアガ≫、≪ウルタール≫、≪ロイーガ≫etc...

シエアガ達は最近いるピュアフロン早出し(エンリルガチャ含)に対抗できるので、起動やイベントに依存するうららでは貴重な解答札。

≪トウチ=ト≫は3ターン目(リソース5)の時にIGするプレイングとIG付与タイミングが噛み合っていること、5コストなので各種シフトの対象になることで唯一性がある。ただ起動効果は現代Z/Xでは恐らく使うことはないので、カードパワーに難あり。

≪ロイーガ≫もカードパワー難。もう少し後に出てたら≪落とし仔≫をリブートで出せてたんじゃないだろうか。

 

エクストラの説明は簡単に。

IGOB関連が減ったので、その分入れたいカードを入れたという感じ。

主に使うのは

ブレイクイベント、イデアドライブは勿論、シフトは≪炸裂愛好≫、≪告死遊戯≫、≪空魂乱墜≫、≪薄恋天臨≫、≪世界≫、ゼクスは≪プリンセス ク・リト≫かな。

特にヨグソティスのシフトは使いたい場面多し。

 

アルバイター≫は≪狂歌≫でもいいかもしれない。要検討。

 

アスツァールはここ最近の新規が良い感じなので、次の新規にも期待したいところ。

 

・・・・・

 

<破天>ワールドオーダーの話。

 

f:id:kotsukitan:20220130221728j:image

アスツァールの新規はこのUR。

まさかのエクストラターンだけれど、条件がかなりシビア。キー15は最短でも5ターン目とかだと思うので、これを目指すと構築が多少歪みそう。

オーバーブーストLv1なので、IGOB有の構築になるところも注意したい。

昔の≪ガタルーニア≫や≪星辰のイデア≫を軸にしていた構築の方が向いているかもしれない。

 

イラストはガチ神なので、落ち着いたら集めようかな…

 

・・・・・

 

おまけ。

公式の開催したデッキダービーイベントに応募したら選抜されてました。

 

f:id:kotsukitan:20220130214336j:image

f:id:kotsukitan:20220130214340j:image

 

対戦カバレージは以下のとおり。

f:id:kotsukitan:20220130214540j:image

フラッグスのブン回り耐えててすげーなって思いました。乗り手強い説ありました。

f:id:kotsukitan:20220130214547j:image

後3ブレイク+後4イースターでゲーム決めに行っててやるやん。最後ライフで耐えてるのがZ/Xって感じ。

f:id:kotsukitan:20220130214555j:image

なんで先3プリクリでリソブした?しっかり返しに誓われててこれは…。

この結果を見て、恋風は抜いても良いかな…ってなったところ。元々微妙な枠だったし。

 

というわけで、ダービーはベスト4でした。

選抜ユーザーへの参加賞とかあるのかなと思いましたが、そういうのも無いみたい。

でも、面白い試みだったんじゃないかな?次回に期待したい。

 

・・・・・

 

いずれにせよ、Z/X10周年に向けて公式を応援していきたい。

 

 

夜刀うららの無限 その1

Z/X 2021秋・冬展開発表会の内容から、アンリミテッド・オーバーブースト(ULOB)についてメモ。

 

ULOBってPVでは出ていたけれど、システム名は「アンリミテッドブースト」らしい。

f:id:kotsukitan:20210801211919p:image

説明は割愛。気になった点のみ記載。

・ブーストトークンの破壊デメリットについて

→とりあえずPSなら破壊されない。

→破壊効果は毎ターン誘発する。相手ターンに使っても基本は維持できない。

・ブーストトークンのコスト参照について

→コストを参照するいかなる影響も受けないという説明。シフトによるコスト条件も参照できない?

・リリースイベントのコスト軽減について

アルターブレイクがスクエアに居れば、ブレイク状態でなくてもコスト軽減可。ついでにブレイクを出せるようなプレイヤーは有利かも?

 

うらら/アスツァールでは、アルターブレイクがブレイク状態を維持できない(フォースを吐いちゃう)ので、ブーストトークンは基本的にPSに立てるのが基本になりそう。

ブーストトークンにシフトを乗せることができれば、≪星の世界≫を構えて守りやすくなる。今後の裁定待ち。

リリースイベントは各種アイコンでデッキを回して手札に引き込むしかない。≪ユニバース≫と違って誓いの名称条件の妨げにならないが、トラッシュに落ちると拾えないのは同じ。

 

f:id:kotsukitan:20210801211923p:image

アルターシフトは相手のリソースが4枚以上であれば、名称縛りのみでコスト条件がない。

後攻2ターン目にシフトしてカードを探しつつ、次のターンにブレイクを狙う…デザインかなと思う。

うらら/アスツァールでは、後攻2ターン目のみ使うカードで、それ以外のタイミングでは他のシフトの方が優先順位高め。

現状後攻2ターン目にエクストラ権を使用してないため、採用する価値はある。枠をどう確保するかが課題。

 

f:id:kotsukitan:20210801211942p:image

PVの中でもうらら/アスツァールはしっかり紹介されていた。アンリミテッドブースト/リリースイベント/(アルターシフト)は収録されそう。

リリースイベントは共通テキストと思われるので、楽しみなのはアンリミテッドブーストの効果。

過去のカードプールから、≪落とし仔≫の生成や名称の回収、ドリーム・キーを参照した常在効果あたりを予想しておく。

大穴で、シフト乗せる効果が欲しい。コスト参照が多過ぎて無理か。コスト無限は、都合の良い解釈にして欲しい。

 

こんなところか。

フリーカードが早く出るのを期待しよう。